レディ

費用が掛かる引越しを賢く行なう|安い業者を見つけ出せ

引っ越しの歴史

ファミリー

江戸時代頃は、引っ越しは気軽に行われるものでした。有名な絵師である葛飾北斎は生涯90回に渡る引っ越しをしていたという記録も残っています。現代では土地や建物も個人の資産なので昔のように気軽に行われませんが、それでも仕事の都合などで引越すことは珍しくありません。そんな引っ越しに役立つのが引っ越し業者ですが、その歴史は昭和50年と意外と最近の出来事です。
昔引っ越しをする際には、基本的な荷物は自分で運び、持ちきれないものは運送屋に依頼して運ぶという手段が主でした。当然今のように安全性に配慮などされていないため、お皿やコップなどの割れ物は簡単に割れてしまっていました。依頼者側も、ある程度は仕方ないということで許容しており、業者側もそれが当然だと考えていました。しかし、オイルショックにより運送業の仕事は激減してしまい、多くの会社が倒産の危機に貧しました。その時に、現代の引っ越しサービスが生まれました。今までのような運送の片手間ではなく、荷物を壊さずにお届けするサービスが好評を呼び、サービスは定着化していき、現在に至ります。現在では、即日にお届けしたり、何一つ壊さず届けるのはもはや当たり前であり、業者によっては個人用の安価サービスや荷造り荷解き配置のサービスなども行われており、昭和50年に比べてサービス面は遥かに充実しています。ちなみに、引っ越した時に近所に配る引っ越しそばの風習は、江戸時代から存在しています。