会社でワークフローシステムを使おう【メリットが満載】

記事一覧

スムーズフローで効率化

社内

時短で残業も抑制

夕方になると忙しくなる、月末や月初に残業がかさむなど業務内容や部署によってオーバーワークが発生しやすい部門があるほか、日々のルーティーン業務やたまにしか行わない出張費の精算、多くの部署や上席のチェックが必要となる稟議書の回覧や決済の作業は時間や手間がかかって面倒という企業は多いことでしょう。常に同じスタイルで行っているのに時間や手間がかかる業務や作業は、ワークフローシステムを使って自動化、システム化を図ると業務の効率化が図れ、作業の時短や残業の抑制に繋げられます。企業としても残業代の支払いが抑制でき、時短の分他の業務への集中化が図れ、コスト削減や売上アップに結び付けることができます。ワークフローシステムは様々なワークフローの自動化やスリム化を実現でき、経費の管理や財務管理をはじめ、出張費や交通費の精算フローをスピーディーにしたり、稟議書をシステム上で簡単に回覧させて決済スピードを上げることや、必要な書類のひな型の検索や作成、提出をスムーズにすることもできます。また、人事システムにワークフローシステムを導入することも可能なので、人数が多い職場や入退職や人事異動などの割合が高く、人事管理に手間取っている企業にもおすすめです。入社時の情報登録にはじまり、入館証の発行や社会保険の適用や給与計算、人事評価に関わる起票や他部署との連携業務をはじめ、人事異動や転勤に伴う情報管理、退職に伴う手続きや書類の管理や入館証の回収などをスムーズに行うことができ、人の出入りや役職変更の多い企業でも、ミスの少ないスムーズなフローをワークフローシステムが提供してくれます。

Copyright© 2018 会社でワークフローシステムを使おう【メリットが満載】 All Rights Reserved.